次の文を読み112~114 の問いに答えよ。
Aさん(80歳、女性)は発熱があり、呼吸状態が悪いため、外来を受診し肺炎(pneumonia)と診断され緊急入院となった。入院時、病室でAさんは「ここはどこ」と話し混乱した様子であった。湿性の咳嗽があり、口唇の乾燥が著明である。同居の夫からの情報では、1週前から食事は摂れていたが、水分摂取量が減っていた。3日前から寝て過ごしていたが、トイレには自分で行くことができていた。身の回りのことは自立している。入院後に点滴静脈内注射 1,500mL/日の指示があり、 抗菌薬が開始された。

身体所見: 身長 152cm、体重45kg、体温 38.0℃、呼吸数 32/分、脈拍 120/分、整、血圧 107/80 mmHg、 経皮的動脈血酸素飽和度 93% (room air)。ジャパン・コーマ・ スケール〈JCS> I-2。

検査所見:赤血球447万/μL、Hb12.5 g/dL、白血球 16,600/μL、総蛋白 6.2g/dL、アルブミン 4.0g/dL、血糖 98mg/dL、Na151mEq/L、K 4.0mEq/L、
C197mEq/L、Ca8.7mg/dL、CRP 23.0 mg/dL。

問題114
入院2日、病棟の看護師でAさんへの援助の方針について話し合った。

Aさんへの対応で適切なのはどれか。

1. 日中の離床を促すために歩行に付き添う。
2. 夜間はベッドからの転落防止のために身体的拘束を行う。
3. 睡眠時間の確保のために夕方に3時間の睡眠をとるように勧める。
4. 症状緩和のためにベンゾジアゼピン系睡眠薬の処方を医師に依頼する。

 




問い合わせ/転職相談(簡単登録15秒)

    ■入職希望時期必須

    ■雇用形態必須

    常勤非常勤どちらでもよい

    ■お住いエリア必須

    ■氏名必須

    ■ふりがな必須

    ■お電話番号必須

    ■メールアドレス必須

    ■保有資格必須

    正看護師准看護師保健師助産師ケアマネ介護福祉士初任者研修(ヘルパー2級)実務者研修(ヘルパー1級)社会福祉士社会福祉主事任用保育士理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)動物看護師その他無資格

    ■質問・希望条件等任意


    ※お預かりした情報は個人情報保護法に基づき徹底管理しています