コロナ禍 看護師の現状(定期更新中)

MCジョブズではコロナ禍における看護師さん達の苦悩や現状を皆さんに理解していただくため、関連ニュースやコロナ病棟で戦う看護師さんのSNSをご紹介しております。定期更新しておりますので、是非ご覧ください。

コロナと戦う看護師さん達のニュース

「ここから出ていけ」“コロナ警察”の標的にされた50才看護師の悔しさ

コロナ禍も2年目に突入し、多くの人々が自粛疲れを感じている昨今。閉塞感やストレスの矛先を周囲に向け、理不尽な嫌がらせをする“コロナ警察”の存在も悩みのタネである。50才看護師女性が住むマンションにもそうした住民がいて、その厳しい“取り締まり”に頭を悩ませているという。そのトラブル実例を紹介するとともに、専門家にアドバイスを聞いた。...続きはこちら

新型コロナで看護師の悲鳴「辞める人増」「仕事増える一方、ボーナス半減」「入院は重症度高い順」

Q.退職者が増える理由は?
「辞めた本人から直接ではないのですが、辞めた方と同じ病棟の看護師から聞いた理由は、新型コロナの陽性者の対応で、PPEと言われる個人防護具をフル装備で着て、オムツ交換をするなど、肉体労働的な部分が意外と多くあるために、そういった身体的な疲労があります。そして、感染の防御をしっかりやらなければいけないということで、いつも以上に気を使わないといけないという精神的な疲労もあります」...続きはこちら

夜勤の連続など過酷な医療現場の実態を訴える…愛知県内の看護師らが会見

12日、愛知県内の病院などで働く看護師らが、行政に対し処遇の改善などを訴えました。愛知県内の病院などに勤める看護師ら11人は12日、会見を行い、新型コロナ病棟で働く女性看護師は、夜勤が連続する日があることなど過酷な現場の様子を明らかにしました。その上で、行政には公費による最低週1回以上のPCR検査の徹底などを求めました。また東京オリンピックに関しては、「医療資源を新型コロナ感染対策に集中すべき」と訴えました...続きはこちら

コロナ禍で働く医療従事者の労働環境改善を 広島市内の看護師らが訴える

広島市内の病院に勤務する看護師らが12日、会見を開き、コロナ禍で働く医療従事者の労働環境の改善を訴えました。

会見を開いたのは県医労連の医療機関で働く看護師らです。
以前から医師と看護師の数が不足する中、新型コロナの対応が加わり、医師のひと月の残業時間は100時間を超え、看護師も夜勤回数が増加するなど労働環境の悪化をうったえました。

看護師らによりますと「過重労働」「割りに合わない賃金」、「家族へ感染の恐怖」などから1~2割の看護師が辞めたということです...続きはこちら

「当たり前の医療ができない」「仲間を守れるのか」大阪・看護師たちの悲鳴

コロナ 看護師の現状・状況新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増え続ける大阪府。累計死亡者が1700人を超え、今なお入院もできず、自宅やホテルでもがき苦しむ重症者が数多く存在する。5月上旬の7日間の大阪府の死者数は人口100万人あたり22.6人。インドの同16.5人を上回っている。その最前線に立つ看護師たちの本音とは...続きはこちら

看護師の過酷な労働時間と環境

看護師 コロナ「現場の看護師はもう限界です」

都内の有名病院で働く川野洋子さん(仮名、30代)は、なんとか職場に踏みとどまっているが、この春、職能団体である看護協会を退会するという“立ち去り型サボタージュ”を決行した。

かつて病院の勤務医が過酷な労働に耐えきれず、黙って病院を辞めて当直のないクリニックに移ることが「立ち去り型サボタージュ」と呼ばれ、注目を集めた。もちろん看護師の場合でも同様のことがあるが、今、注目されるのが、看護職の約半数が入会している看護協会を退会するという「無言の抵抗」だ...続きはこちら

コロナ病棟 疲弊する看護師 感染隣り合わせ、明かせぬ勤務先 きょう「看護の日」

「この前、医療従事者の客を乗せてしまった。最悪だ」。看護師長の40代女性はコロナ感染が急拡大した頃、タクシー運転手からこう軽口をたたかれたという同僚の話にショックを受けた。運転手は同僚が看護師とは知らなかった。
看護師長は「話を聞いた後、身分を明かさないようになった」。「子どもが通う小学校にもコロナ病棟勤務は隠している。(看護師との接触が)嫌だと思われるのが怖い」と話す...続きはこちら

コロナ患者を看て回る訪問看護師の訴え

敗戦中の従軍看護師はこんな気持ちだったのだろうかとか、毎日ぽきぽき心が折れてゆく。一日回れても8人、重症者が増えてきたので一件ずつの訪問時間が長くなる。

せめて入院までの間、訪問してくれる訪問看護ステーションをご存じないですか? もうその保健師さんの声が悲鳴である。ないとは言えなかった。行きますよと返事してしまうのが、自分の弱さだと分かっている...続きはこちら

人助けがしたいけれど…… コロナ禍で負担が増大する最前線の看護師たちの本音

新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから1年以上が経ち、先行きが見えない中で患者を助けるためにこれまで休むことなく働いてきた看護師の中には、この仕事を辞めようと考えている人たちがいる。

コロナ禍での看護の仕事に耐えられなくなった人たちもいるし、多くの看護師たちは自分たちの仕事が正当に評価されていない、過小評価されていると感じている...続きはこちら

“指の隙間から命がこぼれ出ていく” 訪問看護師の訴え

新型コロナに感染したものの入院先が見つからず、自宅待機中に死亡する患者が県内で相次ぐ中、患者の自宅を回る訪問看護師がNHKの取材に応じました。
看護師は、「命を失いかねない患者が自宅に取り残されている」と現状を訴えました...続きはこちら

コロナ病棟で戦う看護師さん達のアカウント


お勧めのアカウントを随時更新中

リアルタイム配信中(Twitter)

問い合わせ/転職相談(簡単登録15秒)






    ■入職希望時期必須
    ■雇用形態必須
    常勤非常勤どちらでもよい
    ■お住いエリア必須
    ■氏名必須
    ■ふりがな必須
    ■お電話番号必須
    ■メールアドレス必須
    ■保有資格必須
    正看護師准看護師保健師助産師ケアマネ介護福祉士初任者研修(ヘルパー2級)実務者研修(ヘルパー1級)社会福祉士社会福祉主事任用保育士理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)動物看護師その他資格なし
    ■質問・希望条件等任意


    ※お預かりした情報は個人情報保護法に基づき徹底管理しています