113回看護師国試験【午前問題27】

問題27
舌の模式図を示す。
113回看護師国家試験の午前問題27 舌の模式図を示す。味蕾が少ない部位はどれか。
味蕾が少ない部位はどれか。

1. ①
2. ②
3. ③
4. ④

解答(クリック)
正答:2
解説:舌の表面には、味蕾と呼ばれる味覚を感じる器官が分布しています。味蕾は、味を感じる細胞である味覚細胞と、味覚細胞を支える支持細胞から構成されています。味蕾は舌全体に分布していますが、部位によって密度が異なります。一般的に、舌の先端と側面には味蕾が多く、舌の付け根には味蕾が少ないと言われています。

この模式図では、舌の先端と側面が赤色で、舌の付け根が青色で示されています。これは、味蕾の密度が赤色の方が青色よりも高いことを示しています。

ちなみに他の解答について↓
①:舌の先端には味蕾が多く分布しています。
③:舌の付け根には味蕾が少ないと言われています。
④:舌の側面には味蕾が多く分布しています。
・過去問&解説集はこちら(試験対策用)
・本年度の看護師試験の解答速報予約開始!




問い合わせ/転職相談(簡単登録15秒)

    ■入職希望時期必須

    ■雇用形態必須

    常勤非常勤どちらでもよい

    ■お住いエリア必須

    ■氏名必須

    ■ふりがな必須

    ■お電話番号必須

    ■メールアドレス必須

    ■保有資格必須

    正看護師准看護師保健師助産師ケアマネ介護福祉士初任者研修(ヘルパー2級)実務者研修(ヘルパー1級)社会福祉士社会福祉主事任用保育士理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)動物看護師その他無資格

    ■質問・希望条件等任意


    ※お預かりした情報は個人情報保護法に基づき徹底管理しています